HOME記事ヒメボタル観測状況 2020年7月18日(土)曇のち晴

ヒメボタル観測状況 2020年7月18日(土)曇のち晴

観測場所 折爪岳山頂 九戸村エリア
ホタルの数(推定) ヒメボタル 大多数
観測時間 19:00~21:00
気温 18℃~18℃
やませ
協力員のコメント

・19:25 昨夜より気温1℃高め、光り始めの遅れは湿度の低下か。今季のピークの知らせか。
・19:45 飛遊が活発になったのも少し遅かった。
・20:00 ホタルの活動エリアは広くに渡っても「ウェーブ」現象としてカウントできなかった。
・観賞者今季最高の人出。カメラマン35名。車両も昨夜より多い。

・新聞の報道もあってか観賞者は遊歩道②口の十字路を中心に3密状態の混雑だ。コロナ対策の視点からも観賞ポイントをエリア全体に注視して欲しい。
・もともとこのエリアは30年前に道路上の観賞を目的に整備してから現在も続けている。
 ①入口付近の道を跨ぐ直径30m程の円形巡回
 ②入口付近の直径40m程の道を跨ぐ円形巡回
 ③入口斜面をステージ状に直径50m程の流れは車両の通行で消されても1~2分待って回復を待つ価値あり。
・次回観賞の節には20:15頃から是非お勧めしたい。

※本情報は、ヒメボタル愛好家の皆様のご協力により、提供しているものです。
 

●観賞コースマップ map.pdf (PDF 112KB)

※観賞時の注意点
・新型コロナウイルス感染症への対策を講じて鑑賞する(マスク着用、2メートルの間隔をあける等)
・ホタルの観賞スポットでは極力ライトを使用しない(やむを得ず足元を照らす際は、赤色灯もしくは赤いフィルムを貼った最小限の光源を使用してください。)
・大きな音を鳴らさない
・ホタルを捕獲しない
・長袖、長ズボン、長靴等を着用する
・カメラやスマホ等の液晶モニターの光を周囲に見せない配慮をする。
・カメラの三脚設置等の作業は、明るい内に行う。(晴れている日で、19:00位迄が目安)
ヒメボタル観賞される皆様へ Ver2.pdf (PDF 109KB)

カテゴリー

地図

ページのトップへ戻る