HOMEくらしの情報医療・介護・福祉自立支援医療について
HOME行政情報住民生活課自立支援医療について

自立支援医療について

心身の障害を除去・軽減するための医療について、医療費の自己負担額を軽減する制度です。利用については、指定自立支援医療機関でのみ利用することができます。自己負担は原則1割で、所得に応じた負担上限額が設定されます。

育成医療

18歳未満で体に障害や病気があり、放置すると将来体に障害が残る可能性があるが、手術等によって確実な治療の効果が期待できる場合に行われる医療です。対象となる障害や疾患、具体的医療例については住民生活課地域福祉班へお問い合わせください。

更生医療

18歳以上の身体障がい者の障害を軽減して日常生活能力、職業能力を回復・維持することを目的として行われる医療です。身体障害者手帳を所持しており、手帳に記載された「障害」に対し手術等の治療により確実な治療効果が見込まれ、身体機能が改善(または維持)する可能性の認められる方が対象となります。対象となる障害と具体的医療例については住民生活課地域福祉 班へお問い合わせください。

精神通院医療

精神保健福祉法に規定する統合失調症などの精神疾患またはてんかんを有する方で、通院による精神医療を継続的に必要とする方が対象です。受給者証の交付申請は住民生活課地域福祉班または保健センターで出来ます。

カテゴリー

ページのトップへ戻る