HOMEくらしの情報国保・国民年金国保の保険給付
HOME行政情報住民生活課国保の保険給付

国保の保険給付

被保険者が病気やけがで治療を受けたときは、その費用の一部を国保が負担します。国保の医療機関窓口での自己負担は下記のとおりです。

国保の一部負担金の割合
未就学児(義務教育就学前) 2割
その他一般 3割
70歳以上~75歳未満 1割(昭和19年4月1日生まで)一定額以上所得者は3割
2割(昭和19年4月2日生から)一定額以上所得者は3割

療養費の支給

やむを得ず、国民健康保険証を提示しないで治療を受けたときは、病院等の領収書などを添えて申請すれば、後日差額分(国保負担分)が支給されます。

療養費払いされる場合
療養費払いされる事由 申請に必要なもの
急病やケガなどやむを得ず保険証を持たずに治療を受 けたり、国保を取り扱っていない医者にかかった場合 診療内容明細、領収書、保険証、印鑑
医師が治療上、コルセットなど補装具が必要と認めた 場合 補装具を必要とした医師の証明書、領収書、保険証、印鑑
医師が治療上、はり、きゅう、マッサージが必要と認めた場合 医師の同意書、施術内容と費用が分かる領収書、保険証、印鑑
骨折、ねんざなどで国保を扱っていない柔道整復師の施術を受けた場合 医師の同意書(骨折、脱臼の場合)、施術内容と費用が分かる領収書、保険証、印鑑
生血を第三者から輸血した場合 医師の理由書か診断書、輸血用生血受領証 明書、血液提供者の領収書、保険証、印鑑

カテゴリー

ページのトップへ戻る