HOME記事ふだんの対策

ふだんの対策

防災訓練

防災訓練に誘い合って積極的に参加し、防災行動力を身につけましょう。

家庭の防災会議

大地震のとき、家族があわてずに行動できるように、ふだんから次のようなことを話し合い、それぞれの分担を決めておきましょう。
例:家の中でどこが一番安全か、救急医薬品などのの火気の点検、避難場所や避難路はどこにあるか、等々。

家の補強

柱、土台や屋根瓦などを点検し、老朽化しているものは、補強をしておきましょう。

消火器などの備え

“いざという時”のために消火器や消火用水のほか、消火に役立つものをふだんから用意し、備えておきましょう。

非常持出品の準備

避難場所での生活に最低限必要な準備をし、また負傷したときに応急手当ができるように準備しておきましょう。
非常持出袋などは、いつでも持ち出せる場所に備えておきましょう。

火災を防ぐ

(1)電器火災を防ぐには・・・・地震を感知して自動的に電源を切る感震ブレーカーを設置する場合には、避難上重要な照明器具などの電源が確保されるかど うかを確認しましょう。(どのような時にどの電源が遮断されるのか把握しておく必要があります。)電気機器は、どのような安全装置が付いているのか確認し てから購入しましょう。
(2)ガス機器や石油機器を安全に使いましょう・・・・ガスマイコンメータの特性や使い方を理解しておきましょう。石油ストーブは「耐震自動消火装置付」のもの、ガスストーブは「転倒時ガス遮断装置付」のものを使用しましょう。ガスこんろ周辺の棚等に載せてある物が落ちてこないようにしましょう。

家族の安否の確認方法

地震時に落ち合う場所をあらかじめ定めておきましょう。
地震時に安否情報の取次ぎをしてもらえる親戚、知人等(遠方に住んでいる人であることが必要)を決めておきましょう。
NTT「災害用伝言ダイヤル171」の活用を家族で決めておきましょう。

カテゴリー

お問い合わせ

総務企画課

庶務財政班(内線166,167,168)

ページのトップへ戻る